施設型バイオマス発電

従来のバイオガス発電に比べ、4倍の効率化を達成した超高温可溶化菌を用いたバイオマスプラントの設計、施工を行っています。    

 

弊社バイオマス発電の特徴

u従来技術の4倍を達成

  可溶化効率約2倍、メタン発生量約2倍

uメタン発酵液の返送 

  希釈水、副資材なしで湿式高速メタン発酵を実現。      

  加温すべき液量を削減し、エネルギー効率が大幅に向上

u生物可溶化設備 

  固形物の分解速度向上。病原性微生物削減により、衛生的に。

    アンモニア除去、徐砂槽。

u中温高濃度メタン発酵 

  無希釈処理によりメタン生成菌の濃度を自然に高濃度保持。  

    安定運転と高い分解率(95%

高温可溶化槽とは?

高温環境下で可溶化させる高温可溶化槽に関する技術(特許第5749846号)により、メタン発酵の阻害となるアンモニアと珪質を除去することが可能となりました。

可溶化とは?

有機性固形物として、炭水化物・タンパク質・脂質などがあるが、メタン発酵菌は溶解性成分のみ利用できる。可溶化とは、有機性固形物を溶解性成分に変換することである。


導入事例

青森バイオマスプラント

投入原料:カモ糞、食品残渣

処理能力:15~20t/日

可溶化槽:超高温可溶化槽

     アンモニア除去設備、沈砂設備

メタン発酵方式:乾式

滞留期間:20~30日

発電量:~5,000kW/日

 

問い合わせ

本社

TEL: 093-691-1177

FAX: 093-695-3499

mail:info@price-management.jp

 

福岡事業所

TEL: 0949-28-8089

FAX: 0949-28-8859

営業時間

8:30 ~ 17:30 (月曜日~金曜日)

新製品情報